手相の基礎
資料請求
講座説明会

すた〜らいと林
幸せブログ

誰にでも幸せになる道はあります。東明手相では、それぞれの人の長所に着目し、希望・勇気・自信を与える鑑定を
心がけています。人生に迷ったとき、悩んだとき、幸せになるお手伝いをするのが運命コンサルタントです。

96.否定、批判された時の考え方

2021年1月4日更新

落ち込んだ時の対処法

上司や同僚、友人、家族などから、否定的、批判的な言葉をなげかけられると落ち込みますね。

一瞬落ち込むのは仕方がないことです、しかしその下がった気分を継続していたり、
また思い出したりすると 運気がますます下がってしまいます。

落ちこむ時は相手のネガティブな言葉に反応していますので
ポジティブな言葉に変えて反芻(はんすう)すると心が軽くなって、気分がよくなってきます。
運気も上昇していきます。

そのためには、心に刺さったネガティブな言葉をポジティブな言葉に変換するのです。
日頃からマイナスの言葉をプラスに変換する練習をしておくとよいです。


ポップでライトな私で気分上々!

ある時、上司に”軽い!”と批判されました。

ちょっと落ち込みましたが、気分を上げようとポジティブな言葉を考えました。
かつ何事にも陰陽があるのが東洋運命学の法則です。

”軽い”という言葉は絶対的に悪ではありません。
”重い”方がよくない場合もあります。

しかしながら、軽いと言われると気分が悪いものです。
言った本人はなにも気にしていないのだろうけど、 言われた私にはきついです。
一晩寝て考えて”ポップでライト”という言葉を思いつきました。

私は”楽しくて明るい!”と言っているうちに心もあがってきました。
また”浅はか”ともいわれたことがあります。

”浅はか”が絶対悪ではありません。
考えが深すぎて、深読みしすぎる場合もあります、
”浅はか”が絶対ダメな欠点ではないのです。

 

人は言葉を自分の価値観でアウトプットしている。

自分の価値観や育った環境などで言葉を使っています、
全ての人に共通する価値観は”真善美”のみであると信じてます。

人の言葉で自分の幸せを壊さないようにしましょう!

 

前の記事
次の記事
ブログ記事一覧