林ブログ
誰にでも幸せになる道はあります。東明手相では、それぞれの人の長所に着目し、希望・勇気・自信を与える鑑定を心がけています。人生に迷ったとき、悩んだとき、幸せになるお手伝いをするのが運命コンサルタントです。
2021年08月03日更新
110.言葉は言霊

良い言葉を発すると良いことが起こります。

言霊とは、一般的には言葉に宿ると信じられた霊的な力のことです。

声に出した言葉が、現実の事象に対して何らかの影響を与えるということです。

 

良い言葉を発すると良いことが起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされています。

日本は言霊の力によって幸せがもたらされる国「言霊の幸ふ国」と万葉集にも表現されています。

 

幸せのサポートをする運命コンサルタントとしても、

一流の運命コンサルタントを養成する講師としても、

一流の講師を養成する学院長としても、

常日頃から良い言葉を使うように修行しています。

 

美しい言葉、明るい言葉、前向きの言葉、積極的な言葉、プラスの言葉、ポジティブな言葉を使うよう心がけています。

 

言葉は言霊と信じているからです。

 

言葉で幸せ気分になります。

たったひと言で、元気をもらうこともあれば、

反対にひどく落ち込んで、そのあと何度もそのフレーズが頭をよぎり、さらに嫌な気持になることがあります。

 

人からマイナスの言葉や批判の言葉、ネガティブな言葉をもらった時は、反面教師にしています。

少なくとも使わないように心がけています。

 

人を幸せ気分にする言葉を使うように日々、修行しています。

 

「元気だった?」は気持ちのいい挨拶です。

-よけいなひと言を好かれるセリフに変える-「言いかえ図鑑」…大野萌子著(サンマーク出版)

 

大野先生の著作で一番感銘を受けた言葉は、

疲れてる?」という、よけいなひと言を「元気だった?」と好かれるひと言に変えるところです。

 

家族でもない人から会った瞬間に、「あれ、疲れてる?」などと言われるとイヤな気分になってしまいます。

それこそ言霊ですから、「疲れてる?」と言われて本当に具合が悪くなることもあります。

心の中ではそう思ったとしても、「マイナス言葉」ではなく、「プラス言葉」で表現するようにしましょう!

 

 

youtube随時公開しています。↓
『開運 すた〜らいと林』youtubeチャンネルはこちらをクリック